布団の事ならなんでもお任せ下さい!明治6年創業! 当店は「西川産業」「京都西川」「みのむしふとん」の正規販売店です。

http://www.watase.co.jp/ みのむしふとん
   

 

ラインナップ

◆みのむしふとん



◆東京西川製品


◆京都西川製品


◆ふとんの打直し


◆座布団


◆カバー


◆枕

◆睡眠グッズ


◆ラファス製品
(へちま素材)



商品概要

株式会社ワタセ


新世代寝具みのむしふとん
 

近江本麻敷きパッド

 

寝苦しい夜を快適におやすみ頂ける敷きパッド!

滋賀県の寝具メーカーが作った本格派の「近江の麻」を使用

寝苦しい夜を快適におやすみ頂けます。

近江本麻敷きパッド

 

ただ今、東急ハンズ新宿店のレジ横にて展示中!

 

天然素材の「麻わた」で、寝苦しい夜を快適に!

本麻の特徴

 

人が快適さを感じる生地の条件は、暑い時には皮膚温を一定温度以上に上昇させないことです。

 

その限度は、温度32℃、湿度50%とされています。この温湿度が上昇すると蒸れを感じ、33℃湿度80%で発汗が始まり不快感を覚えます。そして、「温度32℃、湿度50%」は、快適な睡眠を得る為の寝具内の条件と一致します。

 

麻は、他の繊維に比べ保温性が低く放射性に優れています。つまり、麻布と麻ワタは不快な体温を放熱して快適な冷涼感を与えてくれるのです。 天然植物繊維である麻とコットンをその特性について比較したものが左の図です。

 

高温多湿な我が国の気候に対応し、エアコンも無い時代に先人達が夏用衣料として麻素材のものを愛用してきたのは理屈にも合っています。睡眠時に人は、一晩にコップ1杯の汗をかきますから、寝具においては、夏場だけでなく、年中お使い頂くと、湿気に悩まされることなく、快適にお眠り頂けます。

フリーダイヤル:0120-046-210
 

ワタセの近江本麻綿はココが違う!

長繊維で、 しかもクリンプが掛かっている為に、ふっくらして、 ワタ切れのしない、 超一級の本麻綿

 

◆原材料が違います。

デガムト

 

 

この写真は糸を紡ぐ為の原材料「デガムト」です。
精錬後にデガムト(晒し)して、カード(機械)に掛けられる様に、90oにカットします。

 
多くの麻綿の原料は「ノイル」ですから、短繊維です。

※ノイル(紡績の段階で、糸にならなくて落ちたクズ綿のことです。)  
↑はノイルの写真です。


◆更にマーセライズ加工を施し、クリンプを作っています。

 

この写真が、「デガムト・マーセ」です。
麻は植物の皮から作られている為に、麦藁の様に真っ直ぐです。それに反して羊毛や綿は、クリンプが掛かっている為に、繊維が絡み合って、ふっくらとしたワタになります。

この問題を解決する方法として、デガムト・ラミーにマーセライズ加工を施しました。


マーセライズ加工

 

辻さん
これは、麻業界で麻の生き字引と呼ばれている辻さん(75歳)の60年間に渡る苦心の結果です。

 

 

 

最近、マーセ加工の類似品も出てきましたが、この技術の差は歴然です。以下に、その差異を説明します。

マーセ加工の他社との比較

 ワタセのマーセ加工した麻綿

ワタセの近江本麻綿

 

ノイルを原材料にした他社の麻綿

他社の麻綿

 

ご覧の通り、肉眼でも差異は明確です。
ワタセの麻綿にはクリンプが掛かり、絡み合い、最高の綿になります。
一方、B社は、短い繊維ばかり(ノイルの為)で、しかも真っ直ぐですから、これでは「ワタ」とは言えません。
敢えて使うには、樹脂で固めるなり、ニードルパンチをかけるしか法はありません。

 

 麻綿の各社比較

 

マーセ加工の真似をした類似品も出てきました。しかし、その技術力の点で、弊社は何年も先を進んでいますから、他社の追随には無理があります。

 

麻綿の比較Aがワタセです。
90mmカット。
高度数アルカリ マーセライズ加工を一回。(クリンプ最高)
見ての通りカード製綿で長・短繊維があり、カラミが多い。

 

 

 

.

(B) T社
75mmカット。
中度数アルカリ マーセライズ加工を2回。
クリンプは最高だが、カード製綿の段階で、短繊維のみになってしまう。

 

 

 

 

(C) S社
75mmカット。
低度数アルカリ マーセライズ加工を一回。
マーセ不足により、クリンプが悪い。

 

 


(D) T社
マーセライズなし
材料はノイル
絡まずヘタル。ワタ切れを起こしホコリが多い。
このままでは綿になりません。 敢えて使うには、樹脂で固めるなり、ニードルパンチをかけるしか方法はありません。

 

 

 

★近江本麻の特徴★

 

麻はコットンと同じ植物繊維で、しかも人類との関係の歴史は8000年にも及びます。
だから肌に馴染んで気持ち良く、植物繊維だから安心で、人にも地球にも優しいのです。

弊社グループからは、帝国繊維様に本麻ベッドパットを納入しています。


帝国繊維様から、問屋さんや大手販売店に納入されています。

麻パッドは一年を通して利用され、大塚家具さん(帝国繊維経由)でも年間定番で取り扱われています。
中綿には、カタログハウス様の通販生活に掲載して頂いている【近江本麻布団】と同じ長繊維でクリンプを掛けた麻ワタを使っていますから、ご家庭の洗濯機で「強」にして洗えます。


2013年度から、綿の繊維長を更に長くして(70ミリから90ミリ)、中綿の量を400gの軽量にしても「綿切れ」しないものを完成致しました。
他社では、真似の出来ない品質と技術になりました。


メリットは、綿が少ない分だけ、持ち運びも楽で、直ぐに乾きますから、お洗濯も楽です。
ご家庭の洗濯機でマメにお洗濯して頂きやすくなりました。

 

最近は、身体を冷やす「ジェル入りパット」や「冷却マット」等が出回っておりますが、人間の肌に気持ち良いのは、やっぱり「天然繊維」です。

 

この「ジェル入りパッド」や「冷却マット」ですが、国民生活センターによると、「蒸し暑い室温30℃の環境下では、冷たく感じるのは最初の30分程度であり、長時間の効果は期待できない」と公表しています。

すぐにぬるくなってしまったり、マット自体がかなり重たいというのもデメリットです。

暑くてムシムシすることにより泣き止まない赤ちゃんを、この本麻敷パッドに移したところ、見事に泣き止んだと、近江の麻業界では話題になりました。


汗を吸い、直ぐに乾き、更にシャリッとした肌触りの麻こそが、夏に最適であり、寝具の特性(適正温度33℃ 湿度50%)からみても、理想的な寝具と言えます。
一枚モノのシーツの場合は、麻の使用量が生地一枚ですから皺になりやすく、布団に馴染み難いと云う難点がありますが、麻ワタ入パッドにすれば麻の特性も大いに発揮し、それらの問題は解決致します。

 

商品のご注文はこちらから

 


近江本麻敷きパッド 品名:近江本麻敷きパッド

価格:16,200円(税込)

サイズ:100 × 198 cm

表生地:麻100%リネン

裏生地:綿100%

中綿:400g(麻綿100%(ラミー)

 

 

洗濯方法:ご家庭の洗濯機で洗えます。

(麻生地・麻ワタの全てが高品質の麻100%です。

特に麻ワタに付いては長繊維をクリンプ加工していますので、ご家庭用の洗濯機で簡単に洗って頂けます)

タンブラー乾燥は避けて下さい。

▲ このページの先頭に戻る
Contact Us info@watase.co.jp | (C) 2000-2015 watase. All Rights Reserved.